ジャンプ展vol.2(90年代メイン)に行ってきました

六本木ヒルズで開催中の「ジャンプ展」に行ってきました!
 
私ジャンプ買ったことないし知ってる作品が6つくらいしかないし、当日券は2,000円とやや高めなので、正直行くか迷ってたのですが...
結果「行ってよかった」です!!!!!!
 
 
開催されて2か月が過ぎておりますので、もう人は少ないです。
 
私は平日の夕方に行きましたが、すんなりチケットを買えました。
次回のVol.3もこれぐらいに行きたいですね。
 
 
また、人気8作品の公式応援日「JUMP Hero’s Monday!という日があります。
5月14日(月) SLAM DUNK
5月21日(月) 幽☆遊☆白書
5月28日(月) 封神演義
この日しかGETできない限定の「来場記念証」(数量限定)がもらえ、 開催を記念した応援日記念グッズ(開催日から発売され売切次第終了)もあります。
 
好きな作品がまだある方はこの日に行ってもいいと思いますよ。
私は幽遊白書と迷ったんですが、セクシーコマンドー外伝 すごいよ!! マサルさんの日(5月7日)に行ってきました!
この日から発売されるグッズをゲットし、来場記念証も無事ゲット!
大好きなメソがいっぱいで最高に嬉しい!
 
 
 
さてさて、行き方ですがまずは六本木ヒルズへ向かいましょう。
日比谷線の「六本木」駅からだと地下通路から迷わず行けるので方向音痴の方はおすすめです。
長いエスカレーターをのぼれば目の前に大きな森タワーと左手にクモの彫刻があります。
その間をまっすぐ進むと左手に丸い(円錐みたいな)建物があります。
中のエレベーターで3階に行くか、階段をぐるぐる回り三階に向かいましょう。
渡り通路を進むと森アーツセンターギャラリー入口がありますので、ここでチケットを買います。
チケットを買ったら案内されるエレベーターで直通です。
エレベーターの前には案内してくれる方がいて、それだけでなんか高級感ある。
 
 
ジャンプ展入口でスタッフに軽く注意事項を説明されます。
場内は基本撮影や録音録画は禁止(1か所だけ撮影OKコーナーがあります)なのでご注意ください。
内覧会に行った関係者の方々などはツイッターに写真をあげておりますので、それでもいい方はそちらをご覧ください。
 
 
「JUMP Hero’s Monday!」の日に行った方は、その日の作品の直筆イラスト色紙が飾られています。
こちらはこの日だけしか展示されず、写真撮影もOKです♪
 
 
 
そして中に進むとジャンプ本誌の1ページ1ページがずらっと壁に貼られています。
これだけでもじっくり見たくなる。
混雑防止のために、このあと5分程映像を見る部屋に案内されます。
途中入室はできないようなので、開始時間まではこのまま待ちましょう。
 
 
映像を見終わったらいよいよ展示コーナー!
ドラゴンボールこち亀ジョジョ→タルるート・・・と続いていきます。
ビッグタイトルは展示の仕方も派手で迫力あります。
 
個人的にはタルるート、ぬ~べ~をもうちょっと多く見たかったです(泣)
 
 
ドラゴンボールの原画が、年数が経ってるのに日焼けをしてないしカラーもきれいなままでびっくりしました。
きっと大切に厳重に保存されてるんでしょうね...。
有名漫画家さんあるあるですが、原稿用紙がその先生専用(名前が入ってる)ものでした。
「BIRD STUDIO」と書かれてたので、最初「そんなメーカーの原稿用紙あるんだ」と思ってたんですけど
鳥山先生の会社?なんですね。
 
こち亀も秋本先生のお名前が入っていました。
 
 
鳥山先生の原稿が、修正もほとんどされていないことにびっくりしました。
なんとなくイメージで、ホワイト(修正)いっぱい塗ってそうって思ってたんですけど(すみません)
下絵から一発であの綺麗な絵を描かれてるんだなー!って感動しました。
 
逆に江川先生は修正の跡が割とあって、自分が納得いくまで描いてるんだろうなぁと思ったり。
私はこういう修正の跡や下絵の跡なんかが残ってた方が「ほんとに描いてる感」があって好きです。
なのでデジタル原稿を見てもあんまり感動しませんw
 
スラムダンクの流川の髪はベタなので、塗りムラが残っててうわぁ(感動)ってなりました。
(塗り残しがあるというわけではなく、塗った跡が残ってると言った方が分かりやすいのかな...難しい)
あとスラムダンクのカラーイラストで見たことない物があって、牧がすごくかっこよく描かれてて「やべぇ牧ってかっこよかったんだ」ってなりました。
小さい頃見てた牧はでかくてごつくて「おっさん」だったんですが、大人になって見るとすごくかっこいいんですよね。
ものの見え方や感覚が変わって歳を取るのも楽しいと思えてくる。
気付かせてくれた井上先生、ありがとうございます!!!!!
 
るろうに剣心も展示が凝っていました。
一話のカラー扉が展示されてたのですが、アナログ故、背景の和柄を貼り剣心のイラストは別の紙に描いて切り貼りしていて、こういうアナログ感がじっくり見れて楽しいです。
 
 
封神演義、私は見たことないんですが再アニメ化したしSNS見る限りすごい人気だと思ってたんですが、すごくスペースが小さかったのであれれ?ってなりました。
 
遊戯王も見たことないですが展示も凝っててかわいかったです。小学生の時六芒星のカードが欲しくて男子にくれくれ言ってた記憶がよみがえりました。
 
 
と、この日は仕事終わりに行ったため実際原画を見られたのは1時間くらいだったと思います。
会社の人は45分で十分だったと言ってたのですが、私みたいなイラストが好きな、漫画を描く人は1時間じゃ全然足りないです。
最低でも2時間はほしいところ。Vol.3はお休みをとって平日に行くことにしました。(土日は多分多いだろうから・・・)
 
 
興味がない、知らない作品でもついじっくり見てしまうほど、プロの魂がこもった原画は本当に見る価値がありました。
たくさん笑わせてくれた、感動させてくれた、勇気をくれた漫画家さんたちには本当に感謝です。
 
ジャンプ展、最高でした!!
 
 
 
創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.2 -1990年代、発行部数653万部の衝撃-
会期:2018年3月19日(月)から2018年6月17日(日)まで ※会期中無休
会場:森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)
開館時間:10:00~20:00
※最終入館は30分前
※5月26日(土)は「六本木アートナイト2018」のため、開館時間を22:00まで延長
公式サイトhttps://shonenjump-ten.com/